イブラヒモヴィッチ、トッティ落選に波紋 FIFA年間MVP候補

現地時間10日に発表された2007年FIFA(国際サッカー連盟)年間最優秀選手候補に、
スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(インテル)、元イタリア代表
FWフランチェスコ・トッティ(ローマ)という、イタリア・セリエAで活躍を見せる
2選手が入らなかったことが波紋を呼んでいる。

インテルの役員は、イブラヒモヴィッチが選出されなかったことについて、
「ばかげている…、信じられないよ。サッカー界の損失だ」と語った。

また、イブラヒモヴィッチに加えて、昨季欧州得点王のトッティも候補から外れたことで、
イタリアサッカー連盟役員も「両選手とも今回のリストに入るべきだ。彼らはすべての
資質を備えている」とコメント。

イタリアサッカー界で輝きを放つ両選手が候補の段階で落選したことを、
大いに嘆いている様子だった。


2006-2007 FIFA年間最優秀選手情報 詳細
サッカーblogrank


2007年10月11日(木)

−記事引用 ISM−

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。