ベッカム父倒れ緊急帰国!ビクトリア夫人も急きょ離日

イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム(32)の父、テッドさん(59)が
26日、心臓発作のため緊急入院したことが27日、分かった。

ベッカムは米国からロンドンへ発った。

来日中だったビクトリア夫人(33)は27日、東京・表参道ヒルズで自ら
プロデュースする化粧品のPRイベントを行う予定だったが、急きょキャンセル。

開始直前の壇上で「私は今、家族のもとにいるべきだと判断しました」と
泣きながら謝罪し、特別機を手配してロンドンへ向かった。

ガス工事技術者だったテッドさんは幼い息子の練習相手となり、
14歳でマンチェスターU(イングランド)の下部組織入団、
16歳でのプロデビューを陰で支えた。

「デイヴィッドは昔からうまかったが、シャイだったから、
よく気合を入れてやったよ」と自ら語っている。

右ひざじん帯損傷で戦線離脱中のベッカムは、25日に来日したビクトリア夫人の
不在中、米国入り後初めてチームメートとクラブで夜遊びしたと27日付の英紙が
報じた。

楽しい時間もつかの間のことだった。


ベッカム情報詳細
サッカーblogrank


2007年9月28日(金)

−記事引用 スポーツ報知−

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。